Message

2005年の冬に活動開始。
愛着をもったミリタリーやヴィンテージのアイテムを解体し、その“ほぐれたパーツ”を自由に組み合わせる事で、
独創性のある洋服や服飾小物を生み出しているクラフトマン・ブランド。

オリジナルでひかれるパターンに乗っかった仕上がりは、例え同型でもベース素材のコンディションや風合いは異なり、十人十色の表情となる。
また、ポケットやループ等のディテールは「ここぞ」という場所に配して、用の美を感じられる物造りを目指す。

アーティストがペンキやスプレーを用いてARTを生みだしてしまう様に、古き良き素材から“新しいモノを作ること”がブランド[ink]の役割なのかも知れない。
1プロダクトとして見て欲しいものだから、着こなしの提案というものは特にありません。

―― 文 / 山野貴巳[ティーティーワイワイ 山野編集室]

Copyright (C) ink All Rights Reserved.

Text by TTYY